CATEGORIES
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • アジアクリックさんの記事『カンボジアで日本食ブーム!人気日本食レストランに共通する特徴とは?』
    makoto (01/27)
  • インタビュー連載vol.4 龍山秀一さんへのインタビュー総集編
    山崎 (09/07)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

 

ノマドライフクリエーター達の自由で活動的な日々を紹介しています。
<< CEO桐山のコラム【地震保険料が来月(7月1日)から値上げ・値上げを回避する方法】 | main | インタビュー企画第5回<後編>カングロ・コーポレーション代表取締役社長 藤井利幸さん >>
インタビュー企画第5回<前編>カングロ・コーポレーション代表取締役社長 藤井利幸さん
インタビュー企画第5回前編は、
22世紀へと続く人と組織の革新・変革を支援するイノベーションコンサルティング集団
カングロ・コーポレーション』の代表である藤井利幸さんに
ご登場頂きました。
コンサルタントとして企業のサポート事業はもちろん、
プレイヤーとしてアフリカでの事業を実現させた藤井さんの、
素晴らしいビジネスセンスを学ぶ事の出来る貴重なインタビューとなりました。
まずは前半と言う事で生い立ちから御伺いしました。
どうぞご覧下さい。


カングロ・コーポレーションの公式サイト

藤井利幸さんプロフィールはこちら



☆小さい頃はどんなお子さんだったのですか?


僕は茨城県東海村で生まれました。
 周りには畑や田んぼがたくさんあったので 自然に外で遊ぶのが好きな子供になりましたね。
 とくにガキ大将という訳ではなかったですが、活発だったと思います。


☆スポーツや部活動はなさっていましたか?


僕は野球が大好きで、大学までずっと続けました。
外野を守って、バッティングに力をいれていましたね。
普通の野球少年と少し違ったことは、僕は高校の頃から指導者志望だったことです。
つまり、監督になりたかったんです
 大学は筑波大学に進学したのですが、3年目からは2軍の監督をさせていただきました。
筑波大は大学野球界の中では強いチームでしたから楽しかったですね。


☆確かに珍しいですね。
大学の授業でも教育者・指導者としての勉強を積まれていたのですか?


そうですね。 
大学の授業で教育学を学びながら野球部の監督を経験して、
指導者としての世界を広げていきました。 
大学生活後半には教育実習もして、教員免許も取りました。 
しかし僕の場合は教育実習をきっかけに企業への就職に方向転換したんです。
ずっと同じ授業を40年とかやると思ったら、僕は違う事がしたいなと思いまして。  


☆それで卒業後は就職なさったんですね。
どんな会社でどういったお仕事をなさっていたのですか?


僕は1992年に株式会社リクルートに就職しました。
 バブルがはじける直前でした。 
リクルート社はとても面白い会社で
とにかく沢山の経営者の方に会う事ができるのが魅力でした。
人材総合サービスという部署で、
お客様の会社の採用計画を立てるのが僕の主な仕事でした。 
競争が激しい会社でしたので、当然負けん気も強くなりましたし、
 当時は社内報で全国の営業担当のトップに載ってないと嫌だったんですよ。
 働かされている感覚がなかったので時々会社の床で寝泊りするくらい打ち込んでいました。
 今の時代ならブラック企業だなんて言われてしまいますね(笑 
独立するまでの12年間は、とくかく鍛えられました。


☆12年リクルートの社員として走り続けてきたなかで、
独立に至ったきっかけはなんだったのでしょうか?


きっかけは 僕自身が経営のプレイヤーになりたいと思ったからです。 
リクルートの仕事というのは、お客さまの経営支援なんです。 
つまりプレイヤーではなくサポーターなんですよね。 
僕はどんな上場企業だろうと社長に会うようにしていましたから、 
社長によく言われたんです。 
お前にプレイヤーができるのか?とか、 
人材面ではスペシャリストだけど、経営はできるのか?とか。 
確かにそういう経験が僕にはありませんでした。
でもチャレンジしたい気持ちは勿論ありました。 
そこで当時お客様だったある会社の事業再生を任されたことをきっかけに
リクルート社を卒業しました。


☆サポーターからプレイヤーになられたわけですね。


はい。プレイヤーとしてちゃんと自分の会社を創ろうと決意し、
 事業再生のコンサルティングに特化した会社を創りました。 
といっても法人化はもう少し先です。 当時から僕の会社は 金融面ではなく、
よりよい組織作りや営業戦略からのコンサルを売りにしていました。


☆独立されるときにご家族から反対されたりしませんでしたか?


35歳で独立しましたが、ご家族にはとくに反対されませんでしたね。 
妻は僕の性格をよくわかってくれているんでしょうね。 
普通ならば大きな会社から独立するなんて、
反対されても仕方が無いと思うんですが・・・。 
本当にありがたいことです。


☆独立後のお仕事は順調でしたか?


事業再生のコンサルティングは3年やりました。 
出来る限り会社の内部に入っていって、結果もしっかり残す事ができました。 
そしてもっと扱える案件を広げたいと考えて、 
JDパワーという顧客満足度調査を行うアメリカの会社の 
日本法人で修行をさせていただきました。 
この会社を修業先に決めたのは、 
お客様の声を会社の改革に反映する方法論を見つけたいと感じたからです。


☆そして修行を終えていよいよ2010年に法人化されたんですね。


はい。2010年、正式にカングロ株式会社として法人化しました。 
カングロというのは、 感謝for the グローバルという言葉を短縮した造語です。
日本法人のほうではイノベーションコンサルティングを標榜して、
企業の変革支援を行っています。
事業再生というとネガティブなイメージを持たれる方も多いと思いますが、
そうではなく、企業として時代の変化に対応していくことや
組織の革新能力を伸ばすと言うような アイデアをもってやっています。 
顧客は法人のお客様で、沢山の顧客を抱えることはせず、 
常時2〜3社をじっくり見させて頂いています。



カングロ・コーポレーションの公式サイト

藤井利幸さんプロフィールはこちら



以上が前編になります。
インタビュー後半では現在のお仕事、アフリカ進出についても詳しく御伺いしました。
後編にご期待下さいませ。次回の更新は来週の予定です!
| インタビュー記事 | 20:46 | comments(0) | - | - |