CATEGORIES
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • アジアクリックさんの記事『カンボジアで日本食ブーム!人気日本食レストランに共通する特徴とは?』
    makoto (01/27)
  • インタビュー連載vol.4 龍山秀一さんへのインタビュー総集編
    山崎 (09/07)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

 

ノマドライフクリエーター達の自由で活動的な日々を紹介しています。
<< アジアクリックさんの記事『カンボジアで日本食ブーム!人気日本食レストランに共通する特徴とは?』 | main | CEO桐山のコラム【海外に目を向け、「世界標準のマネー感覚」を身につけよう】 >>
カングロコーポレーション代表・藤井利幸さんのナイジェリア出張日記
今日はカングロコーポレーション代表・藤井利幸さんの
ナイジェリア出張日記を御届けします。

カングロコーポレーションHPはこちら 

藤井利幸さんインタビュー記事はこちら 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



お世話になります。カングロコーポレーションの藤井です。 

昨日まで、米国に11日間、そしてナイジェリア、ケニア、タイに17日間出張しておりました。

 今朝、東京でいつものポジションで朝陽を浴び、メディテーションをし、
鳥の声を聞 き、そよ風を感じていると、ふと幻想の中に生きているような感覚になります。
 時差ぼけのせいなのか、五感が開きっ放しだったせいなのか、少し放心状態です (笑)
 今回は、「ナイジェリアでの13日間」を日記にて報告させて頂きます。 
(未編集のままです。少し長くなりますがご容赦下さい)


【1日目】 
ナイジェリア ラゴス初日の朝7時です。
おはようざいます。気温25℃、湿度85%。
いつもの 鶏と鳩、そしてイスラームのお祈りの声で目が覚めました。
とても気分が良く快調です^^
昨日は、今回のプロジェクトのベースとなるホテルを無事に確保でき、
直ぐに相方の別荘、ショッピングモールへの買い出しに行きました。
日曜日の午後ということもあって、 南アフリカ系の「SHOPRITE」は大混雑。
昨年10月に来た時よりも勢いを感じています。
特に 外国 人(中国、インド、レバノン、韓国、欧米人)の姿が増えたような気がしています。 今回の 最大のミッションである、ナイジェリアでのある事業も昨日からスタートさせました。
無事に最も必要な調達物も、現地の人たちの協力によって手に入り、
計画通りに物事が進んでいることも気分が良いことの一つなのだと思います。
今日は、JETROラゴス事務所、車 の調達、キャッサバ農家の調査に出向きます。
生きている奇跡に心から感謝します。 


【2日目】 
ナイジェリア ラゴス2日目の朝です。
外は相当すごい雷とゲリラ豪雨。
ホテルの屋根 をこれ まで聞いたことのない音でたたき付けていて、
その迫力に驚いています。このような雨に遭ったのは、これで2回目。
ナイジェリアに地球のエネルギーが集中していると感じる所以です。
昨日は、雇った車とドライバーに出掛けから洗礼を受け、
猛暑と渋滞の中、車が エンスト。30分くらい立ち往生し、
渋滞に渋滞を呼び、牽引車が到着するもうまくいかず、 
別の車に乗り換えることにしました。
ところが、JETROラゴス事務所のアポがうまくかみ合わず第二の洗礼。
でも午後は快適な昼食とカフェでのミーティングが充実し、
中古車市場の視察もうまくいきました。夕暮れ時は、少し冒険して、
恐らく日本人がかつて歩いたことがないだろう地区を歩きました。
丁度、ワールドカップの仏対ナイジェリア戦があって、
街中でテレビに噛り付く民衆の姿を見ることができました。
結果は惨敗だったので、その後の街 は残念な空気が漂っていました。
ということで、通信の状況が思わしくなく、画像が添付できないので、
長めの報告にしました。生きている奇跡に心から感謝します。 


【3日目】 
ナイジェリア ラゴス3日目の朝。
昨日はほぼ1日中降り続いたゲリラ豪雨の影響で、
尋常でない渋滞に巻き込まれ、エアコンの効かないタクシーの中で喉を傷め、
2日間で既に立て続けに受けたラゴスの洗礼を、
最後は甘苦いナイジェリア産のギネスビールを
すこぶる美味いターキーと赤い夕陽と共に味わいながら
最高のひと時を過ごし終わりました。
そうしているうちに、日本は集団的自衛権の行使容認、
法整備着手への閣議決定がされたそうですね。
誰かが勝手に描いたシナリオ通りに見せかけの
日本流の合議を使っているように見せかけながら、
着々と、明らかに人々が望まない方向に突き進んでしまっています。
もう誰かが作った幻想の中で生きるのをやめよう。立ち上がろう。
ラゴスの人たちも日本の行く末を案 じてい ます。
今、生きている奇跡に心から感謝します。 


【4日目】 
ナイジェリア ラゴス4日目の朝です。
一昨日から、ラゴスで今までに無い体験をしています。
いつもは、リスクを避けるように車を使ってほとんどの移動をしていましたが、
今は、イケジャの街を歩くようにしています。
それは、ベトナムやタイの渋滞の中を歩くよりも 凄まじ く、
エネルギッシュです。現地の人々の鼓動や思いのようなものを直接感じることができます。
歩いていると良く声もかけられます。
ほとんどが「ニーハオ」で、僕たちは中国人に見 えるようです。
といっても日本人がこの国にいることすら知らない人が多いので、
「日本人だ」というと不思議がられてしまいます。
「日本人がこの国になにしに来たんだ?」 と。
もはや、現地でソニーやパナソニック、シャープが日本企業のものだと思っている
ナイジェリア人は少なくなっているようです。
ただ、僕たちは、日本人であることをPRしたり日本製品を押し付けるのではなく、
何がどうなればこの国の人たちが幸せになるのかを考えていきたいと常に思っています。
だって、「ナイジェリアが変わればアフリカが変わり、アフリカが 変われば世界が変わる」
と信じているからです。生きている奇跡に心から感謝しています。 


【5日目】 
ナイジェリアラゴス5日目の朝です。
この出張の最大の目的である、あるプロジェクトの一大実験が、
今朝、わずかなミスで危機的な状態に陥っています。
ベトナムでの準備やトレーニングを含めると半年以上も仕込んできたことだけに、
ショックが大きいです。
ただ、昨日、在ナイジェリアのある国際農業系企業のCEOとホテルで会うことが叶い、
このプロジェクトに大変な興味を持って下さいました。
残り1週間、このコネクションとクアラ州政府への提言に全精力を掛けます。
生きている奇跡に心から感謝します。 


【6日目】 
ナイジェリア ラゴス6日目の朝です。
今、ここで何を選択し実行するかを問いかけられています。
日本とほぼ変わらない環境で仕事や生活ができ、
五感が開かない状態でいると、ふといつの間にか幻想の中で思考している自分に気づきます。
今朝は、「何のためにここ にいる のか」
「ここで何がしたいのか」を問いかけるきっかけを作ることができました。
タフな状態はここでは当たり前。今できることをやる。
残り1週間に掛けます。生きている奇跡に心から感謝します。 


【7日目】
 ナイジェリア ラゴス7日目の朝です。
ナイジェリアは現在雨季で、毎日、どこかでゴロゴロとやっていたり、
突然のゲリラ豪雨に良く出会います。時折、河川が洪水になることも。
ここは、人々のエネルギーの凝縮が街の気を創り出し、
ラゴス独特の雰囲気になってい ます。 
やっぱりアフリカのボルテックスがこの地にあるような気がしてなりません。
昨日は土曜でしたが、街は活気にあふれ、
平日のように仕事をしている人々でごった返していました。
今回のプロジェクトチームは、土日は観光日にすることになっていましたが、
急きょブレストの必要性が出て、オフィスにて終日過ごしました。
今、できることをすべてやる。 
Step by step。未来は明るいに決まっていると思えるから、
今に集中できます。生きている 奇跡に心 から感謝します。 

【8日目】 
ナイジェリア ラゴス8日目の朝です。外は雨。
大地に多くの潤いが撒かれ、
ニジェールの大 河やギニア湾に注がれていきます。
今日はお恥ずかしながら46歳の誕生日だとのことで、
既にたくさんの方からお祝いのメッセージを頂いていて、びっくりです(嬉)
この場を 借りて、 御礼申し上げます。昨年はラスベガスで誕生日を迎え、
現地でサプライズを頂いたことを思 い出しました。
なぜかこの時期は、ほとんどが海外で過ごしているような気がします。
そのような機会を頂けることは本当に有難いことです。
でもまだ何も、誰にも恩返しができていない、正直、そんな焦りも感じています。
自分は目標指向型の人間ではないようで、その場その時に与えられた
使命を全うすることに全力を挙げてきた45年間でした。
自分に正 直に、直感を信じて、謙虚に、目の前の山を登り続けてきました。
とても素晴らしい経験を させて 頂いていて、
これも両親や家族、周囲の方々に助けられてのものだと心から感じてい ます。
 だから、早く恩返しがしたい。今はそのことで頭が一杯です。
この1年間も一生懸命 に生き て行きます。生きている奇跡に心から感謝しながら。 


【9日目】 
ナイジェリア ラゴス9日目の朝です。
昨日はたくさんの方に誕生日のお祝いのメッ セージを頂き、感激しております。
本当にありがとうございました。そして、現地でも、
何とサプライズがあり、パートナーの皆さんから歌とカード、
ドリンク、そしてケーキを贈って 頂きま した。まさかこんなことが!
というくらいびっくりして、グッときたぜよ(嬉泣!) 
日本の家族からもメッセージをもらいました。
こんなに幸せなことはありません。生きていて本当 に良かったw 
今日は、朝一番から車を出し、往復約250kmドライブです。
イバダンのIITA という農業研究所を目指します。そして次は、
アベオクタの農業大学。ラゴスをどのくらい の時間で抜け出せるかが勝負!?
日帰りの弾丸出張です。生きている奇跡に心から感謝します。 


【10日目】 
ナイジェリア ラゴス10日目の朝です。
昨日は、ラゴス州を出てオヨ州の首都イバダンという街に車で片道130kmの
道のりを約3時か掛けて行ってきました。
イバダン(Ibadan) は、ナイジェリアの南西部に位置していて、人口約300万人。
ラゴス州、カノ州の次に大き な都市。 
19世紀にはオヨ王国より独立したイバダン王国の首都として発展そうです。
ヨルバ人 (Yoruba) がマジョリティ。
イバダン大学、イバダン空港もあって、
今回は、国際熱帯農業研究 所(IITA) の本部に行ってきました。
そこは母校の筑波大学を彷彿とさせる広大な敷地にたくさんの研究施設と
研究者たちがごった返していました。
空気も美味しくて、とても居心地の良いところで した。
今回は、ここで活躍するあるNGOのトップに面会してきました。
我々のプロ ジェクトに 非常に高い関心を示してくれて、
今後も継続的に関係を保っていこうということいなりました。
 初めての車での長距離出張でしたが、とても充実した1日となりました。
生きている奇跡に心から感謝します。 


【11日目】 
ナイジェリア 11日目の朝5時。
これからクアラ州に勝負の会議に行ってきます。
生き ている 奇跡に感謝します。 


【12日目】 
ナイジェリア12日目の朝。
良い天気です^^昨日は勝負の会議に、
国内線を使ってク アラ州ま で日帰り出張をしてきました。
今回の出張の一番の目的が旅程ギリギリになって達成できました。
ここでは3月よりナイジェリア大使館を通じて提案してきたことが受け入れられ、
現地の州 や企業が出資をする「地域に貢献するための企業」のCEO以下、
9名のエグゼクティブ の方々に 直接プレゼンをさせて頂くことができました。
当初は懐疑的だったようですが、CEO 自ら、Quite interesting! 
と仰って頂けるほど、理解が進んだようです。
一旦、ボールは彼らに預けてきましたが、
また10月頃にここに長期に入り指導をしていく可能性が出てきました。
次回の 訪問が本当に楽しみです。クアラ州は牧歌的で古き良き伝統も残り、
活気があって、 素晴らしい街でした。
ジンバブエの農民たちが白人達に国外追いやられ、
難民になった時に、 真っ先に 手を挙げて彼らを受け入れた州。
とてもこの街に強い縁を感じます。今日は、ナイジェリア出張の最後の仕事の日。
今日も朝からとても大切な会議があります。生きている奇跡に 心から感 謝します。 


【13日目】 
ナイジェリア ラゴス13日目の朝。出立の日です。
昨日は、地元のアグリ企業のCEOと 2度目の再会を果たし、
極めて友好的なアドバイスと有効的なネットワークを提供頂き、
次へのステップをはっきりとクリアにすることができました。道が見えました。
これで、帰国後に 動く道筋 と10月の再訪に向けてリストアップが完了しました。
感謝です。そして、夜は、パートナーが フェウェルディナーを
ヴィクトリアアイランドのレストランで催してくれました。
この12日間、 本当に良くしてもらい、
彼らなしではこの充実した日々を快適に安全に過ごすことができませ んでした。
心から心から感謝します。これからケニアのナイロビに寄り、
バンコクに てしばし 滞在し、日本に帰国します。
また10月に戻ってきます。生きている奇跡に心から感謝 します。 
『未来は明るいに決まっている!』 いつも、本当にありがとうございます。 


カングロ株式会社 KANGLO NIGERIA 藤井利幸
| CEO桐山のお勧めの記事 | 21:16 | comments(0) | - | - |